いざ!長瀞へ

みなさま、連日とてつもない暑さですが、いかがお過ごしでしょうか。

炎天下の夏になりましたが、今年はコロナの影響でマスクは必須。

マスクの中は蒸し風呂状態…。

こんな夏にはクリーミなアイスクリームではなく、シャリッ♪としたかき氷が食べたいもの!

そんなわけで、やってきました、長瀞!

まるで地中海のカフェのような店構え

長瀞はかき氷のお店がたくさんあります。今回は

ギャラリー喫茶「うるし工房 やました」さんに訪れました。

「うるし工房 やました」さんは、少し小高い丘の上にお店を構えており、エントランスの白い階段がとてもステキ。

まるで地中海のカフェのようです。

順番待ちのリストに名前を書いて待ちます。自分の前に5組ほどいらっしゃる様子。
「30分ぐらい待ちます」とのことでした。30分なら待てます!

お店の入り口にあるメニューを眺めて待ちます。早く食べたい…!

テラス席もありましたが、この日はあまりの暑さに誰も利用していませんでした。

夏の終わりにテラス席を利用するのも素敵だなと思いました。

ようやく順番になり、窓際の席へ。程よくクーラーも効いていて生き返ります。

中に入ると疫病を退散してくれるという「アマビエ様」がお迎えしてくれます。

素敵な茶器が陳列されていて、とてもおしゃれな空間です。

ふわふわのかき氷の到着

さてさて、今回は3つのスイーツを注文です。

  • 宇治金時のかき氷 950円
  • きなこ黒蜜    825円
  • わらび餅     550円

を注文しました。かき氷には+100円で練乳トッピングを追加しました♪

狙っていたカラメルプリンは8月8日から8月16日まではお休みとのことでしたので、

今回は食べられませんでした。残念。

少し待つと、真っ白なかき氷が到着しました!早速トッピングで染め上げていきます。

至福の瞬間です♪

こちらが完成品です♪

こちらはきなこ黒蜜です。

優しいきなこの甘みと黒蜜が、溶けた氷にしみわたって絶妙な甘みのスイーツに。

わらび餅も一緒にいただきます。見てくださいこのプルプル感。

自然豊かな長瀞の町並みの中で食べるかき氷は、一層味が引き立つのかもしれないですね。

テラス席での食事もしてみたいのでまた訪れたいと思います♪

ギャラリー喫茶「うるし工房 やました」
〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞727−1
http://shimofure.com/site/yamashita.html

カテゴリー: 特集

わしお

食感重視の和菓子派です。主にわらび餅、プリンを好んで食べます。わらび餅はトロトロのものより、弾力があるわらび餅をムニムニ食べるのが好みです。洋菓子はミルクレープを端からゾリゾリ削りながら食べると、とても幸せになります。