天然氷かき氷」をご存じでしょうか。

ここ最近、巷では天然氷を使ったかき氷専門店が増えています。

天然氷、それは「山間の池で、自然環境下で凍らせた氷」のことです。

自然環境化でじっくり形成された氷は、天然水をただ凍らせた氷では表現できない「ふわふわ」感を生みます。

今回紹介するのは、軽井沢の名店「御菓子所 ちもと」の東京店です。

外観

濃密な手作り蜜で頂く、ふわっふわの天然氷かき氷

天然かき氷あいがけ

今回頂いたのは抹茶生いちご「あいがけ」

濃密な「抹茶蜜」と「いちごソース」のビビッドな組み合わせ。

抹茶

氷が繊維のようにまっすぐ連なっていることが「天然氷」の特徴。

自然環境下でゆっくりと天然水が凍ることにより、「霜」のような細い繊維状に育ちます。

これが「ふわっふわ」な食感を生みます!

さらにほどよく空気を含むため冷たすぎず、かき氷あるある第3位(ぼく調べ)の

「バクバク食べると頭がキーンと痛くなる」

となることがありません!

苺

生の苺を熱さずに作ったソースは、まるでフレッシュな苺を食べているような感覚になるんですよね。

自家製のすっきりした甘さの白蜜で作られているため、さっぱりとしながらもかき氷あるある第2位(ぼく調べ)の

「最後の方は氷が溶けて薄くなる」

といったことが起きません。天然氷すごい。

練乳

練乳も100円で追加出来ます。

もう、言うまでもなく、最高ですね。


溶けても、溶けてこそ、美味しくなる!絶品の「冷製抹茶ぜんざい」

かき氷あるある第1位、

「溶けた後の液をごくごく飲むのがサイコー」

実は「ちもと」の抹茶かき氷の底には…

あんこ栗白玉

特製のあんこ!

栗の甘露煮!

白玉!

が隠されています。

特製あんこは甘さ控えめで粒が残るぐらい粒粒な粒あんで、写真でもわかる通りぎっちり底に詰まっています。

栗の甘露煮もすっきりした白蜜で作られているため、上品な甘さとほっくり感がよさみがあります。

個人的に驚いたのが白玉、もっちりはもっちりでも、歯切れのよい繊細で舌触りがべっとりしていない上品な「もっちり」は、和菓子屋としての実力が如実に出ている一品です。

全てが和菓子の名店の手作りなため、単体でも絶品なのですが…

ぜんざい

天然氷と濃厚な抹茶蜜が溶けることによって、あまりにも絶品つめた~い「抹茶ぜんざい」になるのですよ!

抹茶蜜は濃厚で溶けても最後まで濃いため、とてもいい塩梅です。

天然氷は軽井沢の山奥のミネラルウォーターであるため、雑味が一切ない!

この組み合わせを考えた和菓子屋の天才的な発想、感服いたします…

(ちなみに、途中でこれに気づいて生苺だけ先に食べました…)


天然氷かき氷だけではない!老舗和菓子屋が作る銘菓たち

そもそも「ちもと」は軽井沢で昭和40年以来50年以上続く和菓子の名店なのです。

今回はこちらの代表的銘菓である「ちもと餅」「蕎麦団子」を紹介します。

蕎麦団子

こちらの蕎麦団子、初めて頂いたとき衝撃的でした。

「蕎麦とあんこって合うんだ…」

十割の蕎麦粉とこしあんで作られた蕎麦団子、強烈な蕎麦の風味とあんこが不思議と和的にマッチングするんですよね。

ちもと餅

ちもと餅、左はスタンダードな「黒糖」、右が季節の「ゆず」

竹皮に包まれたトラディショナルな和菓子、本当に美味しんですよ。

求肥なのでねっちりしてると思いきや、食べてみるとびっくり、ふんわりとしているんですよね。

黒糖とクルミという組み合わせが、どこか「和菓子」という伝統的な響きよりも、よりモダンさを感じさせる、軽井沢らしい銘菓

かき氷が目的でもぜひ食べて頂きたい一品です。

軽井沢が本店ですが、東京で味わえる軽井沢の味、ぜひいかがでしょうか。


メニュー

蕎麦やうどんの食事メニューも豊富

季節によっては「ブルーベリーヨーグルトかき氷」といったメニューも。

メニュー看板

看板メニュー、今回紹介した「あいがけ」はこちらにしか掲載されておりません。

看板も要チェック!

ちもと総本店 阿佐谷店
住所東京都杉並区阿佐谷南1-14-13 T.コンフォート 1F
営業時間11:00~19:00(L.O.18:30)
日曜営業
定休日
不定休
※コロナによる影響により変更の可能性がございます。
 最新情報は下記ホームページをご覧ください。
ホームページ https://www.facebook.com/%E3%81%A1%E3%82%82%E3%81%A8%E7%B7%8F%E6%9C%AC%E5%BA%97-%E9%98%BF%E4%BD%90%E8%B0%B7-254895414858408/
その他

カテゴリー: 特集

まぐ

他称スイーツ男子のまぐ、実はスイーツ以外も結構グルメ(だと思っている)。 大好きなTikitakaのアイスクリーム(カップ)を食べながら歩いてたら園児に指さされながら笑われるなど、活動は多岐に渡る。