仕事を頑張った日の夜、甘いものを食べたくなりませんか?

僕はなります。

「カロリーはちょっと気になるけど、頑張った自分へのご褒美に…」

そんな言い訳を考えながら、今日も帰りに甘いものを。

そんな疲れた現代人に、24時まで営業している貴重な「夜パフェ」の専門店を紹介します。

モモブクロ入口

札幌から始まった「夜パフェ専門店」、店主が

「飲んだ後に、締めに甘いものが食べたくなる」

そんな想いから始まりました。

モモブクロ壁画

北海道は牛乳の名産地。

そんな札幌の夜の定番「締めのパフェ」が新しい文化として北の大地に根付いています。

そんな「夜パフェ」は、夜遅き町「東京」でも大人気になるのは必然な気がします。

店舗説明

「ほんと、それ、めっちゃわかる。」

酒と一緒に食べるのは、だいたい塩辛いものばかり。

何がなんでも、寝る前には甘いものとほろ苦いコーヒーで一日を締める。

そんな自分にとって、首が取れるぐらい頷いてしまう店主のこだわり。

「1日の終わりは、甘いもので締めたい…」


メロンの海の上に浮かぶ、味も華やかなルビーチョコレートフラミンゴ

「フラミンゴ ~ルバーブと赤メロン~」

フラミンゴパフェ

夜パフェなのに、まだ寝かせてくれなさそうなハイテンションなビジュアル!

ベリーのような風味を持つルビーチョコレートで象られた「フラミンゴ」

フラミンゴパフェアップ

ふんだんに盛られたまんまるジューシィな赤肉メロンの上に、酸味の心地よいルバーブの華やかなクリーム

中にはこれまたさっぱりなヨーグルトソルベが詰まっており、最後までさっぱり頂けます


和梨とイチジクで見た目は純白、中身はちょっぴりビターな「shiro」

白パフェ

こちらのパフェは白寒天のレースの下に和梨プルーンイチジクのムース

白パフェ底

そして透明なレモンジュレが美しい構成。

白パフェアップ

雪景色の中に琥珀色の光を湛えた少女が佇んでいる、温かみのあるスノードリーム。

見た目とは裏腹に純白のレースを剥がすと、ビターなチョコレートアイスという何とも「らしい」構成。

シニカルな遊び心に富んだパフェの構成も、「夜パフェ」ならではな気がします。


秋の果実と醤油、大吟醸ジュレの和モダンな大人夜パフェ「北大イチョウ並木」

夜パフェ専門店、実は店舗ごとに異なるパフェを提供しております。

今回は新宿夜パフェ専門店、「Parfaiteria beL」のパフェも紹介します!

(各店舗のパフェの詳細は下記公式ホームページをチェック!)

北大パフェ

大正モダン、「学帽を被ってトンビコートを羽織った帝大学生」のような“ゲキシブ”な見た目のパフェ。

「柿ソルベ」「醤油ジェラート」に挟まれたソフトクリーム、その下には「かぼちゃ豆乳クリーム」

北大パフェアップ

醤油ミルク、「みたらしの蜜」の味を想像頂けると分かる通り、とても相性が良い味なのです。

かぼちゃクリームは豆乳によってさっぱり頂けます。

北大パフェいちょう

胡麻プラリネクリームの下には、北海道大学のイチョウ並木を連想させる「イチョウ」が美しい構成。

筆者も北海道大学には訪れたことがありますが、寒い大地に並ぶイチョウ並木そのまま表現されていて、とても乙な気分になりました。

そして、この透明感は、「大吟醸ジュレ」。

日本酒の甘味が和モダン、アルコールの風味が知的な大人感香る、正に「夜パフェ」らしい一品。


美味しいパフェには美味しい大人な飲み物を…パフェとセットでお得なドリンクをどうぞ

コーヒー

美味しい「夜パフェ」には「美味しいコーヒー」を。

オリジナルの「夜豆ブレンド」は丁寧に抽出された「夜パフェのためのブレンド」。

ドリンクメニュー1

実は夜パフェ専門店、パフェとのセットでドリンクが非常にお得に味わえるのです。

珈琲はもちろんのこと、種類によってはアルコールドリンクも「0円」

最高のパフェに、大人なドリンクを。

至福のひと時をぜひ味わってはいかがでしょうか!

夜パフェ専門店 モモブクロ
住所東京都豊島区西池袋1-40-5 名取ビル B1F
営業時間[月~木]
17:00~24:00(L.O.30分前)
[金・祝前]
17:00~翌1:00(L.O.30分前)
[土]
15:00~翌1:00(L.O.30分前)
[日・祝]
15:00~24:00(L.O.30分前)
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
※コロナによる影響により変更の可能性がございます。
 最新情報は下記ホームページをご覧ください。
ホームページhttps://risotteria-gaku.net/
その他公式アカウント
Twitter:https://twitter.com/risotteria

札幌、新宿、渋谷に姉妹店がございます。
詳細は公式ホームページをご覧ください。
カテゴリー: 特集

まぐ

他称スイーツ男子のまぐ、実はスイーツ以外も結構グルメ(だと思っている)。 大好きなTikitakaのアイスクリーム(カップ)を食べながら歩いてたら園児に指さされながら笑われるなど、活動は多岐に渡る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です